ファクタリングの2つの型を比較する

category01

ファクタリングと言えば、手形の割引制度に似ていながらより簡単な手続きで利用できる金融サービスとしておなじみです。取引先に対して保有している売掛債権を一種の金融商品として売却し、キャッシュを得ます。

一定の手数料は差し引かれますが、契約上の支払期限前であっても事実上の入金を受けることができるという、便利なシステムです。


このファクタリングは、利用者とサービス事業者が相対取引を行う2社間型と、これに売掛先を加えた3社間型の2種類に分けられます。

両者を比較した場合、前者にはファクタリングの利用を売掛先に知られずに済むというメリットがあります。また、売掛先に通知し、利用に関する同意を得る必要がないため、申し込みから入金までのスピードが速いのも大きな利点です。

今までに培ったノウハウを活かし、ファクタリングの比較について詳しく説明しています。

一方、3社間型は2社間型と比較して手数料が安いというメリットがあります。これは、利用後に売掛金の入金があった場合、2社間型では利用者がいったん受領して事業者に支払うのに対し、3社間型では事業者側が直接受領できるようになるため、債権が回収不能になるリスクが比較的小さいためです。



また、このシステムを利用することで、3社間型は一種の信用保証制度に使うこともできます。



つまり相手がこれまで取引のない新規の顧客であって支払い能力が未知数だったりする場合、ファクタリングの利用を承諾することを前提に取引すれば、いわゆる貸し倒れリスクを避けることが可能になります。


ファクタリングの比較の特徴

category02

ファクタリングは支払期限到来前の売掛金を現金化できる金融サービスで、我が国では専業のファクタリング会社やノンバンク、銀行の関連会社などが取り扱っています。利用する歳は、各社のサービス内容を比較したうえで、自らに合った事業者を選ぶようにします。...

subpage

ファクタリングの比較の基本知識

category02

ファクタリング会社には銀行系やノンバンク系の他に独立系があるということを知っていますか。ファクタリングは貸金業に該当しないので、貸金業登録をする必要がないという特徴があります。...

subpage

ファクタリングの比較の知りたい情報

category03

信用情報に関係なく資金調達できるファクタリングは比較して最適な商品を見つけてください。手数料は最重要ポイントですが、ほかにも運営会社の実績・信頼性なども重視しましょう。...

subpage

ファクタリングの比較の知っておきたい情報

category04

最近では新型コロナウィルス流行の影響から、ファクタリングを利用する中小企業や個人事業主が増えてきています。ファクタリングに関する法的な規制が整っていないため、現在では業者によって支払いまでの期間や手数料などの条件が大きく異なり、どのファクタリング業者と契約をしたかによって今後の資金繰りに大きな影響を与える可能性があります。...

subpage