独立系のファクタリング会社を比較しよう

ファクタリング会社には銀行系やノンバンク系の他に独立系があるということを知っていますか。ファクタリングは貸金業に該当しないので、貸金業登録をする必要がないという特徴があります。


そのことから銀行系やノンバンク系以外の独立系の会社も存在しているのです。

独立系とひとくくりにしていますが、それぞれ特徴が異なります。
簡単に分けられるものではありませんが、比較することができるように、一般的な特徴について知っておくことが大切です。
独立系は2社間取引をしているところが多いという特徴があります。

待望のファクタリングの比較についての知識を高めてもらうためのサイトです。

2社間取引とは利用する会社とファクタリング会社の2社間で行う取引のことで、売掛金に知られずに売掛金を売却することができるという特徴があります。


また短期間で入金してもらえるというメリットもあり、最短即日、翌日での入金もできます。
利用限度額が低めなので、小口の取引に有効ですが、独立系の中には利用者のニーズに対応するために大口取引を実施しているところもあります。利用する際の手数料は、5〜30%と幅が広いので、比較することを前提に選ぶことがポイントになります。



利用手数料は審査内容によって大きく変わる場合があるので、比較する際には相見積もりも一緒に行うことが大切です。



独立系はよくあるような画一的なサービスではなく、顧客のニーズを考慮したさまざまなサービスを展開しているので、魅力のあるものが多いです。
ただし独立系の中には悪質な会社が含まれている場合もあるので注意が必要です。