ファクタリング事業者の比較ポイント

ファクタリングは支払期限到来前の売掛金を現金化できる金融サービスで、我が国では専業のファクタリング会社やノンバンク、銀行の関連会社などが取り扱っています。

最近何かと話題のファクタリングの比較の最新情報が知りたい方にはこちらです。

利用する歳は、各社のサービス内容を比較したうえで、自らに合った事業者を選ぶようにします。

ファクタリング事業者を比較するポイントの第1は、手数料の水準です。売掛債権を買い取ってもらう場合、所定の手数料が差し引かれた額が売却代金として支払われます。


その額は各社ごとに違い、2社間タイプで売掛金の10〜30%、3社間タイプで1〜10%相当額とかなり幅があります。



債権の額が大きくなればなるほどその差も大きくなるので、慎重に検討する必要があります。
なお、2社間及び3社間というのはサービスの性質の違いで、前者は単独で利用できますが、後者は売掛先の承諾が必要です。
両方扱っている事業者もいれば一方のみの事業者もいるので、そこも比較ポイントになります。もう1つ忘れてはなならいのは、入金までのスピードです。


2社間と3社間で比べた場合、売掛先に連絡を取る必要がない分2社間の方が早くなる傾向にありますが、同じ2社間同士でも申し込んでから長くて1週間、最短なら当日といった具合に差があります。一般論としては早ければ早いほど良いということになりますが、その他の諸条件や資金繰りのスケジュールに合わせて選ぶようにします。


その他、売却可能な限度額についても事業者ごとに違いがあるため、事前にチェックしておく必要があります。